First ever “Kohoku Tour” for inbound clients (初めての湖北ツアー)

【In English】

I have often served as a tour guide for inbound tourist so far. The destinations were almost Kyoto, Nara, and sometimes Osaka. However, on the other day, the God kindly gave me a big chance to do it at my hometown area, i.e., Kohoku (湖北). I had continued praying our ancestors every day for the day’s good weather, since it determines the pleasure of the bike tour.


It was a tour around the area, including Mt. Shizugatake (賤ケ岳), a historically famous battlefield in the Provincial War era, Kinomoto town (木之本), subdued but deep post station / temple town, and Lake Yogo (余呉湖), my hometown. I was EXTREMELY happy to know that it was sunny and occasionally cloudy, not so hot unlike the day before yesterday,…that’s the perfect gift from the God. Everything went smoothly; 1) The day’s schedule explanation over coffee, 2) Nicest view from the top of the battlefield, 3) Good lunch at the local food house (Kohoku specialty), 4) Old sake and soy brewery study tour, 5) Comfortably biking along Lake Yogo, where hydrangea flowers were almost in full bloom.


This is no exaggeration at all to say that I have never exerted my effort to prepare for the tour than ever before. Thanks to our ancestors help too, I felt so happy when all the 10 clients from FL and CA gave me a warm and superfluous word of thanks and gratitude as well.

(I already got permission to post the photos from the friendly family)


PS: Only moment I became panic and pale during the tour was, I couldn’t find my bike key after a short break…but the key was found in the back pocket of my jeans… (^-^;;;;;;;;;;;;;

【In Japanese (日本語)】

タイトル:初めての湖北ツアー

 これまで私はインバウンド観光客向けのツアーガイドを何度も務めてきております。行き先は、主に京都、奈良、そしてたまに大阪でした。しかし先日、神様は私に自分の故郷である湖北(琵琶湖の北部地方)でツアーをするという大きなチャンスを与えてくださいました。自転車ツアーの楽しさは天気によって決まるといってもよいので、私はその日の天気が良いように毎日ご先祖様に祈り続けていました。

 それは、戦国時代の有名な戦場である賤ケ岳、一見地味ではありますが奥が深い宿場町・そして門前町である木之本北國街道通り、そして私の故郷である余呉湖を含む地域を巡るツアーでした。一昨日(14日)とは違ってそれほど暑くなく、晴れ時々曇りだったことを知って私はとても幸せでした…それは神様からの完璧な贈り物でした。(ツアー中)すべてが順調に進んだと思います。 1) お客様がご到着の後、コーヒーを飲んでいただきながらその日のスケジュールや注意事項を説明して納得してもらったこと、2)古戦場の頂上からの最高の景色を眺められたこと、3) 地元の食堂でのおいしいランチ(湖北名物:そばソーメン御膳)をいただけたこと、4) 古い日本酒酒蔵と醤油蔵を見学できたこと、そして5) 紫陽花がほぼ満開の余呉湖沿いを快適にサイクリングできたこと等です。

 私は、これまで以上にこのツアー準備に力を入れたと言っても過言ではありません。ご先祖様の助けもあり、フロリダとカリフォルニアから来た10人のお客様全員から、温かく過分な感謝の言葉とお礼をいただいたときは、とてもうれしく感じました

写真の掲載については、気さくなご家族からすでに許可をいただいています

追伸:ツアー中に私がパニックになって顔色が青ざめたのは、実は1度ありました。ちょっと休憩した後に私の自転車の鍵が見つからないのです。鍵が(普段は使わない)ジーンズの後ろポケットから見つかった後には、それまでの戸惑いを隠すのに苦労しました…. (^-^;;;;;;;;;;;;;

The photo collages of the day’s bike tour
当日のサイクリングで撮った写真コラージュ

Small reference material of Japanese history that the guide touched during the tour
ガイドがツアー中に触れた日本史資料(一部)

At the top of Mt. Shizugatake
賤ケ岳古戦場山頂にて

At “Michikusa” lunch house along Hokkoku street

北國通り沿いにある「みちくさ」での昼食(そばソーメン御膳)

The artificial hatching place for lake smelts
余呉湖周辺のワカサギ人工孵化場前にて

Hydrangea garden at the lakeside of Yogo

余呉湖アジサイ園

At JR Yogo sta.
JR余呉駅前(ここでお客さんへ最後の挨拶をした)

  • Comment: 0

Related posts

  1. The Itinerary and the Budget of the Tour Flying over the Pacific and the Atlantic Ocean (米・英旅行の旅程と予算見積もり)

  2. Re: “Good Health & Long Life”, Discarding TV sets! (テレビを捨てて“健康長寿”!)

  3. Re: Walking Around Niu Valley in the Season of New Green Leaves (新緑の丹生渓谷を歩く)

  4. Re: A Diary of “Flustered Days of a Condo Caretaker”

  5. Happy New Year of 2024, All!

  6. Re: The Best Day for Cutting Grass in the Field

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.