Re: The Clean-up Operation for Mysterious Lake Yogo (神秘の湖:余呉湖クリーンアップ作戦)

[In English]

Spring has come at last!


The volunteers’ event for cleaning up the surrounding of the Lake is usually held in this season. Today, perfectly fine and warm day, was the day for it this year.


The Fishery Cooperative of Lake Yogo to which I belong as a board member participated in the operation, too. We picked up cans, bottles, paper wastes, plastic bags, cigarette buts, old masks, and even underpants (why?), during walking around the lake.

Since about 50 volunteers attended it today, I guess no less than 150 kilos of rubbish were collected. And my number of footsteps was 16,000!!


I think none of the goodwill participants felt tired but their hearts must’ve been filled with a sense of accomplishment!


Everywhere around the lake, we were able to smell a faint scent of Japanese Plum trees which have just started blooming.

[In Japanese]

タイトル:神秘の湖:余呉湖クリーンアップ作戦

待ちに待った春がやってきました!


余呉湖の周辺を清掃するボランティア活動のこのイベントは、例年、今の時期に開催されます。 今日は絶好の晴天だったのですが、今年は今日がそのイベントの日でした。


私が役員(実際は“パシリ”)として所属している余呉湖漁業協同組合もこの活動へ参加いたしました。 湖の周りを歩いていると、缶、ビン、紙くず、ビニール袋、たばこの吸い殻、古いマスク、さらにはパンツ まで拾いました。(パンツが草むらに捨ててあった“理由(わけ)”を知りたい (^-^; )


今日は50名ほどのボランティアが参加したので、多分、150キロ以上のゴミが集まったと思います。 そして、(私は集合場所までや解散場所から自宅までもずっと歩いたので)歩数は16,000歩に達しました!!

ボランティア参加者の皆さんも多分、それほど疲れは感じておられないと思います。むしろ、心は達成感でいっぱいだったのではないでしょうか!

湖周のいたるところで、咲き始めたばかりの梅の木のほのかな香りが漂ってきておりました。

The Reception Area for the Event (受付場所:江土観光館前)
Many “Goodwill” Participants Gathered. (多くのボランティアが参加していただいた。)
The Beauty of the Lake is Maintained by the Volunteers’ Goodwill! (この神秘の湖は、善意のボランティアの皆さんによって維持されているのです。[解散場所である菅野浦にて])
  • Comment: 0

Related posts

  1. Re: “ATAGO” Shinto Festival (愛宕祭)

  2. Re: A Play by the College Drama Circle, “Kuroe”

  3. Re: Pareto Analysis for the Expenditure of the US & UK Tour
    (米英旅行費用の“パレート分析”)

  4. Re: The Landscape of New Year’s Days & What I Felt from New Year’s Cards I Received (「年始の風景」と受け取った年賀状から感じたこと)

  5. Re: Jizo Bon En-nichi (地蔵盆縁日)

  6. “I’m yellow and white, and a bit blue” authored by Brady MIKAKO [ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー] ブレイディみかこ

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.