Re: The Landscape of New Year’s Days & What I Felt from New Year’s Cards I Received (「年始の風景」と受け取った年賀状から感じたこと)

【In English】

Happy New Year of 2023, All!


Whenever we welcome a new year, we cannot help but promise ourselves to contribute on or accomplish something in our minds, both for ourselves and for our world.
If I’m allowed to say “Big Words”, we all wish to build a peaceful world that everyone on the globe can lead actively a fulfilling life with a smile! Hopefully, 2023 will be the year to approach to the goal more, if a few steps.


We are lucky enough to have no snow here now, though a cold rain has occasionally been continuing. I’ve been hectic since the end of the last year to the first day of a new year, for my duties as a caretaker for our village shrine. But today, I was relieved from any jobs. So, I read new year’s cards I received (about 100) from my friends and acquaintances again, remembering the face and memories of the senders. I noticed afresh that many mentioned about their latest health condition; Some said that 1) my legs got weak due to my age, 2) I had a medical surgery last year, 3) I’ll be almost 90 years old this year…I am managing to send my life, 4) I’m too old to continue sending a new year card no more, so please let me finish it from the next year.
On the other hand, others say that 1) “Health First”, 2) I’ve made it a rule to take a short walk near my house, 3) I’m enjoying activities in the circle I belong to, 4) I’m going to go outside much more this year to keep fit.


Samuel Ullman (American; 1840 – 1924) left the impressive word;
One doesn’t get older by the number of years he has lived. (年を重ねただけでは、人間は老いない。)
One gets older when one loses his ideals. (理想を失うとき、初めて人は老いる。)

Thank you,

【In Japanese】

※ 機械翻訳をもとに一部修正したものを貼り付けておきます;

皆様、2023年明けましておめでとうございます!

私たちは、新しい年を迎えたときには自分自身とそれ以外の両方のために何か貢献したいこと、または何か成し遂げたりしたいことを心に誓うことをせずにはいられません。

“大きなこと”を言えば、世界中の誰もが笑顔でいきいきと過ごせる平和な世界を築き上げたい! そして、2023年が少しでも目標に近づく年になることを願いたいと思います。

当地では、時折冷たい雨が降り続いていますが、幸い今のところ雪はありません。 昨年末から新年の初日まで、村の神社の世話方として忙しくしていました。 でも、今日は仕事から解放されました。 そこで、友人や知人から頂いた年賀状(約100枚)を差出人の顔や思い出を想い出しながら、改めて読み返してみました。 多くの人が最近の健康状態について言及していることに改めて気づきました。たとえば、 1) 年齢のせいで足が弱くなった、2) 去年手術を受けた、3) 今年でもうすぐ90歳になる…なんとか生きている、4) 私は もう年賀状を送り続けるには年を取りすぎているので、来年からはやめさせてください。(年賀状終い)

他方ではこう言う方もおられます;1) 「健康第一」、2) 家の近くを散歩することにした、3) 所属しているサークルで楽しく活動している、4) 今年は健康を維持するためにもっと外出するように努めたいと思います。

サミュエル・ウルマン(アメリカ人、1840~1924年)は以下のような印象的な言葉を残しました。
・年を重ねただけでは、人は老いない。
・理想を失うとき、初めて人は老いる

ありがとうございました。

New Year’s Cards I Received on the 1st Day (More than 100) 私が元旦に受け取った年賀状
A Decoration for New Year at Our House Entrance
玄関の正月飾り
Funazushi, traditional sushi around my hometown made through processes of mixing crucian carps with salt and rice 鮒ずし
Osechi, New Year Dishes Presented from My Younger Brother in NY 弟が送ってくれた「小樽きたいち」のおせちセット
  • Comment: 0

Related posts

  1. Kinomoto (木之本), Which Still Reminds Us of Many Travelers’ Coming & Going More Than 400 Years Ago

  2. Re: White Morning (No.2)

  3. Re: Magokichi Yamaoka, Yanmar’s Founder and its Museum (山岡孫吉とヤンマーミュージアム)

  4. Re: I couldn’t help but be sickened to know that “ERFS” forces Inbound Tourists to keep so STRICTLY (いくら何でも”ERFS”はやりすぎとちゃう?)

  5. Re: Three Continuous Days’ Tour Guiding around Kyoto (3日連続の京都観光ガイド)

  6. Re: Butterflies that Cross the Ocean, “Chestnut Tiger Butterflies” (海を渡る蝶;アサギマダラ)

  1. No comments yet.

  1. January 6th, 2023
    Trackback from : good coachi